解凍してみました

和歌山県有田川で釣りそのまま冷凍保存してあった内の2尾を 解凍してみました。21cm位の鮎で体全体の色見はやや黄色みが強く釣りたての色には程遠いが脂鰭の先の深紅は薄れていない、体側に婚姻色が強く浮き出ている、冷凍する前はこんな風にはっきりしていなかったはずだが、勿論2尾共に腹子は無かった。尾鰭、腹鰭もこんなに黄色くは無かったように思うのだが。冷凍してから9ヶ月、味の方はどうなのだろう、香りはもはや無い。そこでガスこんろで、約25分、尾鰭は焦がしたが、腹は落ちなかった、写真の様に綺麗に焼けて美味しそうだ、早速食してみたが腹もしっかりしていた。肝心の味の方だがやや口に油が残るかなと言う程度で味も悪くはなかった。私は蓼酢もつけないし他の味付けもしない、塩のみなのでかなり舌は確かだと思っている。でも釣りたての鮎には逆立ちしてもかなわないもうすぐ
(日^^日)♪

甘露煮にしてしまえば9ヶ月冷凍してあつたなんて絶対に誰にもわかりません。と・・・思いますたとえ冷凍ものでも自分で釣った鮎を食べる、これが幸せ、これが釣り人の特権。