何食べる? あゆ寿司

9月14日に釣って冷凍していた鮎2尾を解凍して鱗を落として3枚におろした、完璧な3枚になった鮎の腹骨もすきとって両側に塩をして20分、9月に釣った鮎だから腹にオレンジ色の婚姻色が出ているが、身に油が凄くて包丁も手も油でベトベトになるくらいで、荒骨二本も焼いたら油がグツグツと焼けた。尾のほうが赤いのは腹針を何回も打ったが為に内出血した後で腹側にしか針を刺してないのに背中の方まで内出血してるのはそれだけ負担がかかる程酷使した跡で、来年の鮎釣りの時にはもう少し優しく鮎を扱わないとダメだと反省。

塩を洗って酢に浸して10分後に酢飯を作ってあゆ寿司にした。片身で4個、大葉がなかったので、盛りつけも寂しいが、刻んだ大葉を冷凍してあったので鮎の身にワサビを付けて刻んだ冷凍大葉を散らしてすし飯を乗せてラップで形を整えて4口分が出来上がり。専用冷凍庫で冷凍してあったので川魚特有の問題はクリアしていると思う。柚子ポン酢に付けて食べたのですが美味い旨すぎる。

鮎の断面が肉厚なのが嬉しい。背側の身に包丁を入れて開かなければもっと肉厚に見えてるはずです。

何食べる?毎日が日曜日のこの頃

見様見真似で初めて作ったアマゴ寿司、なかなかいけてましたけどすし飯を沢山入れたものだから見た目が、土の子みたいです。
アマゴは鮎と違って骨が柔らかいのでこのくらいのサイズなら頭から丸かじり。あゆ飯に飽きてアマゴ飯、これも美味い。

豚足を捌いて食べやすくする。BUCK 112 このナイフが捌きやすい。

昔は鶴橋のガード下の屋台で豚足は丸かじりが当たり前だったのですが、最近骨付きをかじったら前歯が全てなくなりそうで怖いので、捌いてから身だけを食べます。

イクラの醤油漬

一年ぶりにイクラを作る季節が来たので、年金生活者御用達の株式会社ヤマタの「たこ一」へ生筋子を見に行ったら良いのがあったけど、ななんと、何とお高い事か「たこ一」でこの値段だと他では買う気が起こらないと思うほど高い、2年前には100グラムで800円位だったはずだが、値段を見るとゲゲツ!!100グラム税込1400円はしてる、300グラム買うのが精一杯!!

生筋子にはアニサキスがいるかもしれないと言う事で、塩を一握り入れた70度のお湯につけて菜箸で生筋子をグルグルとかき混ぜるとあら不思議、卵を包んでいる薄皮が綺麗に取れて菜箸に絡んでくるので簡単にイクラに出来る、浮いてくる薄皮を天かす掬いに使う網で掬って捨てる、イクラを手でかき混ぜると薄皮が浮いてくる、それを掬って捨てるを何度か水を入れ替えながら繰り返すと綺麗なイクラが出来上がるので、水切りをしてからお好みで味付けをする。70度のお湯でイクラが煮えないのかと言う思いは全くの杞憂ですが、もし作られる方は自己責任でお願いします、温度計で65度から70度の間を作ります。私はイクラが煮えてダメになった事は有りません。私もこの70度のお湯を使うと言うのはネットで拾ったやり方なのです、この温度に1分も筋子が浸かっていたらアニサキスが死ぬそうですが、私はイクラを作っている時にアニサキスを見たことが有りません、ですが生筋子からイクラを作るのにこのやり方が簡単ですし安全も担保できると考えてやっています。塩を入れないで作ると「ピンポンイクラ」になることが多かったのですが、このやり方で皮の柔らかなイクラが作れています。お湯に入れる前に生筋子に塩を一握り擦り込んでやっても同じでした。

で、私が頂けたのはこれだけで、残りは娘と孫達のお腹に、、消えたのでした。

美味しかった。