▲HOME
趣味の鮎の友釣日記  
SUMMARY GRAPH
ページ切替: <1 >

[2022年版] 釣行回数:4回 平均釣果:8.8尾 総釣果:35尾 1日最高釣果:16尾 最長寸:22cm
釣行河川: 東吉野村 高見川 釣行日: 2022年06月29日 12:30〜18:00
釣行回数: 4回 釣果: 2尾 (囮は別) 累計: 35尾 時速: ?尾
天気: 快晴 気温: 暑くて熱くて 水温: ?℃ サイズ: 21cm と 15cm
河川状況: 減水の減水
竿: 9m中硬硬 天糸
付け糸
: 妃刃6.5三本錨
腹ハリス: フロロ0.6 針ハリス: フロロ1.0
内容
暑かった、囮はもっと暑かったのでしょう、すぐに弱ってしまいました。

釣行河川: 東吉野村 高見川 釣行日: 2022年06月27日 12:00〜18:30
釣行回数: 3回 釣果: 16尾 (囮は別) 累計: 33尾 時速: ?尾
天気 気温: 暑くて熱くて 水温: ?℃ サイズ: 21cm から 14cm
河川状況: 減水
竿: 9m中硬硬 天糸
付け糸
: 妃刃7.5号3本錨
腹ハリス: フロロ0.5 針ハリス: フロロ1.2
内容
朝早く行っても疲れるだけなので今日は自宅を9時に出発、釣り人専用の駐車場に車を置いて囮屋さんまで歩いて5分、囮をいちび調達、12時から釣り始める、初めて入る所なのでどこで川の鮎が取れるかわからないので慎重にやる、手も川の水温近くになるように暫く川に浸ける、養殖囮を弱らせる前になんとか1尾とることができた、ここから駐車場まで6時間かけて釣り上がる予定。

初めての経験というか囮の鼻環が外れて掛かり鮎だけが宙に浮いてそれも外れるという初めての経験、その後引きぶねから囮を出して鼻環を通そうとしたらそれも手滑りで放流、疲れてるのか?

釣行河川: 東吉野村 高見川 釣行日: 2022年06月23日 08:00〜18:00
釣行回数: 2回 釣果: 12尾 (囮は別) 累計: 17尾 時速: ?尾
天気: 快晴 気温: 暑くて熱くて 水温: ?℃ サイズ: 21cm から 11cm
河川状況
竿: 9m中硬硬 天糸: ダイニーマ0.6号
: ボロン0.1号 付け糸: 無し
: 妃刃6.5三本錨
腹ハリス: フロロ0.8 針ハリス: フロロ1.2
内容
今日はやん茶庵で紹介されてた釣りキチ三平さんの囮店で高見川の天然鮎2尾を囮として店主に厳選して頂く、価格は養殖と変わらずに1尾5百円なのです、今日釣れなくてボを引いても砂抜きされた天然鮎が僅か千円で塩焼きが約束されるのです。ありがたい事です。

で、肝心の釣果なのですが、午後2時半までたったのいちびなのです、まだ水温が低いので6時半も囮を騙し騙し使えたのですが、水温が高い季節になったら、2回は囮をお変わりしないと釣りは続行できないと思いますが、、場所がわりをして3時頃からポツポツと掛かり出して6時までになんとか11尾かかったので、トータル12尾で疲れ切って竿を納めたのです。最後まで引き船の中で死んだ鮎がいなかったのは幸いでしたが、10時間釣って12尾の釣果はいかがなものかと。

釣行河川: 東吉野村 高見川 釣行日: 2022年06月20日 15:00〜18:00
釣行回数: 1回 釣果: 5尾 (囮は別) 累計: 5尾 時速: ?尾
天気: 晴 気温: 風が気持ち良い 水温: ?℃ サイズ: 22cm から 20cm
河川状況: 超、超減水
竿: 8m急瀬抜 天糸: ダイニーマ0.6号
: ボロン0.1号 付け糸: 無し
: 妃刃7.5号3本錨
腹ハリス: フロロ0.8 針ハリス: フロロ1.2
内容
14時半までアマゴを釣りながら鮎のポイント探し、鮎の見えるポイントに遭遇したので慌てて囮を買いに60段近くの階段を駆け上り厳選した囮をいちび調達、これからやるのかと初めてのおとり屋さんに聞かれたので、この1尾を十倍にして帰るとホラ吹いてまた長い階段を駆け下る、囮を出して1分で最初の1尾がかかる、デカイけど掛かれば大きいのは情報でわかっていたのでいきなりの7.5号3本錨だし、糸は尺鮎も取った自信のあるボロン0.1号、竿は急瀬竿だし、どんとこんかい! と言う気分の1尾目から5尾迄は一時間掛からなかった。が、その後ぴくりともせずに場所を変わる、10分も15分も追いが無いのにじっくりと辛抱できない性格で、囮に不足はないしで場所がわりを2度して残りの2時間はボなのでした、最初の場所で、粘った方が良かったかも。鮎を見つけてから囮を出さないと、釣れない。

AYU FISHING DIARY Version 1.4.0 --YUYUYU--